FC2ブログ

トレーナー派遣

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Page TOP

13th World Kendo Championships

2011年01月23日(Sun) 03:19

12月8日~10日に台湾・台北市で行われた第13回世界剣道選手権大会

カナダチームのトレーナとして帯同してきました

+5_convert_20110123222545.jpg

大会会場となった台湾大学体育館には世界各国44カ国から集まった剣豪が面を合わした。

sup3;aring;shy;#144;aring;#8364;#8249;auml;ordm;ordm;aring;#8250;pound;auml;frac12;“aelig;#710;brvbar;iuml;frac14;#710;aring;curren;§auml;frac14;#353;eacute;#8211;#8249;auml;frac14;#353;aring;frac14;#

開会式には台湾大統領陳水扁総統が出席。

陳総統は挨拶の中で台湾開催の意義について、

「台湾での剣道の発展に大きな励みとなり、台湾の選手が剣道の世界大会で3本の指に数えられる実力を
 もつことが認められたほか、剣道のスポーツとしての広さと奥深さを間近で見られるよい機会となった」

と語り、剣道の哲学的な意義にも触れ、

「剣道と武士道は密接な関係があり、実用的な武術とされてきた。武士は忠誠を守る、
 実行する勇気をもつ、ルールを守る、名誉を重んじるなどの特質があり、これらの特徴は
 剣道というスポーツの中に取り込まれ、剣道は東方の哲学と知恵に富み、選手たちは精神と肉体と剣の
 一体化を目標とする。世界各国のトップ選手たちが剣道に打ち込むことは、剣術のレベルアップだけでなく
 どんなことがあっても動じない、一歩引いたあとに相手を制するなどの哲学理念を学ぶことができる」

と述べ武道を志す私の心にも響きました

sup3;aring;shy;#144;aring;#8364;#8249;auml;ordm;ordm;aring;#8250;pound;auml;frac12;“aelig;#710;brvbar;_convert_20110123222640

さて大会初日、第十回大会より正式種目に加わった女子の個人の部と団体の部

女子個人(94名参加)

予選を勝ち抜いた2名(M.Hayashi M.Taguchi)が本戦トーナメントに出場

M.Hayashi選手が見事世界ベスト8となり敢闘賞選手にも選ばれました

女子団体(21チーム参加)

sup3;aring;shy;#144;aring;#8364;#8249;auml;ordm;ordm;aring;#8250;pound;auml;frac12;“aelig;#710;brvbar;_convert_20110123222810

予選を無難なくこなし本選出場、準決勝で韓国に敗れたものの

sup3;aring;shy;#144;aring;#8364;#8249;auml;ordm;ordm;aring;#8250;pound;auml;frac12;“aelig;#710;brvbar;_convert_20110123222854

世界3位に成りました

トレーナー報告 | コメント(0) | Page TOP

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Page TOP

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。